ホーム > 7人制ラグビーとは

7人制ラグビーとは

<7人制ラグビーとは>

 2016年のリオデジャネイロ・オリンピックより正式種目に採用された7人制ラグビー。発表以来、世界中から熱い視線を浴
 びる競技へと変わりました。それに伴い国内でも急速に競技人口が増えつつあります。
 7人制ラグビーの最大の魅力は、フィールドを大きく使ったスピード感のある試合展開と言えるでしょう。
 選手個人のスピードやスキルが直接トライに結びつくシーンも多く、それぞれの選手の個性が輝きます。
 観る人も、プレーする人もみんなが陽気になれる競技。それが7人制ラグビーです。

◇試合時間
 7分ハーフの計14分以内で行われます。
 大会の決勝戦は10分ハーフ(合計20分以内)で、同点の場合は延長戦が行われます。
   ハーフタイムは2分以内。

◇プレーヤーの人数
 両チームともに7名。リザーブ選手は5名で、1試合に5名まで入替あるいは交替が認められています。

◇ポジション
 フォワード(FW)3名とバックス(BK)4名で形成されます。
 FW3名: プロップ(PR)2名 / フッカー(HO)
 BK4名: スクラムハーフ(SH) / スタンドオフ(SO) / センター(CTB) / ウイング(WTB)

◇スクラム
 お互いに1列になった3名ずつのプレーヤーによって形成されます。

◇キックオフ
 
トライ後のキックオフは、トライしたチームのキックオフから始まります。ここは15人制との大きな違いです。
 セブンズではキックオフのボールをどちらがキャッチするかが重要なポイントになります。

◇フィールドの広さと基本的ルール
 グラウンドは15人制ラグビーと同じで、「スローフォワード」や「ノックオン」  「オフサイド」「危険なプレーの禁止」など、
 ラグビーの特徴的なルールも15人制と同じです。

◇7人制ラグビーをもっともっとお知りになりたい方はこちらへ。
 https://www.rugby-japan.jp/guide/sevens/